スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに更新します。

おひさしぶりです。


だいぶ間があきましたが・・・。








再開します。




まあ、今回はほとんどパーツ紹介に終始しますが・・・。














ハヤブサ36号です。


h036

この号の目玉は、どう見てもリアショックアブソーバーですね。

他にも、金属製のパーツありです。






ショックアブソーバーは・・・。

h036-01

きちんとスプリングが可動します。




で、次は37号。

h037.jpg

右メインフレームの配布ですね。もちろん金属製です。左フレーム同様、24センチあります。かなり豪華ですね。



で、次の38号。

h038.jpg


スタンドです。

これも金属製でかなりのサイズです。こう豪華なパーツが続くと、この後が不安になります。





で、その次。39号。

h039.jpg

やはり危惧したとおり。

この号では、パーツはこれだけ。リアフェンダーです。
少々サイズが大き目とはいえ、プラスチック製のパーツ一つです。




そして続いて40号。

h040.jpg

またまたショボい号です。まあでも、電源ボックスという事でハンダ付けなどがしてあるので人件費はかかってるのかも。

ちなみにもう一つのパーツはカムチェーンテンショナーホースというらしいです。




豪華な号があればそのぶん貧相な号があるのはまあ仕方が無いですね。

h041.jpg


続いて41号。

これはハヤブサ好きなら思わず「オッ」と声がでる、テールランプですね。

ハヤブサの特徴の一つですからね。このデザインは。

ランプ部のクリアーパーツと共に、発光ギミック用のLEDもセットされています。




余談ですが、LEDと発光ダイオードはまったく同じ物です。昔からあったのに近年になって急にLEDなどと呼び方が変わって注目されだしたのは、性能が劇的に上がったことと、青色に発光するものが発明された事によるのでしょうか。

h042.jpg

次。42号。

細かいパーツがずらり。


左から順に、オイルフィルター、エンジンスプロケットカバー、スターターモータークラッチアウターカバー、シリンダーインレットコネクター、ブリーザー、ウォーターポンプです。


オイルフィルターは自動車のものと同じ形なのでわかりますが、あとはシロウトにはさっぱりですな。


続いて43号。

h043.jpg

久しぶりのリッチ号です。


シートレールという、フレームのようなパーツですがオール金属製です。

白いのはリアリザーバータンクですね。










さて、ここまでパーツが供給されてくると、だいぶ全体像がつかめてくるようになりました。


次回の更新では、勝手にあちこち組み合わせてみておおまかな全体像をアップしてみたいと思います。
スポンサーサイト

ハナが亡くなりました。

3月7日。

午後8時半でした。

ハヤブサ35号です

かなり更新が遅れましたが・・・。


ハヤブサ35号です。

2014022301.jpg

今回はなにやら電子系のパーツがセットになっていますね。


説明書によると、これは赤外線通信の受光部のようです。

そして丸い半透明のプラスチックはそのための窓といわけですね。



それを取り付けるオイルパンは金属製ということで、今号はなかなか豪華なセットになっています。






そして組み立て。

2014022302.jpg

センサーをオイルパンの内側に取り付けてビスで固定。




ビスを限界まで締め付けてしまうと基盤が割れてしまうので注意が必要です。

2014022303.jpg

外側には窓を設置。半透明なので赤外線が透過します。リモコンなんかと同じですね。


オイルパンは、ボルトなども細かく再現されています。






そして完成したパーツは、号数が書かれた袋に入れて保管庫へ。

2014022304.jpg




↓保管庫。

2014022305.jpg

ここで数週間から数ヶ月の眠りにつきます。

ちなみにこの箱はかなりデカいです。

34号です。

さて、ハヤブサ34号が出ました。



というか、実は昨日に発売されてたみたいです。

今日が祭日だったので・・・。




祭日でも仕事でしたが・・・。









さて、34号。

2014021101.jpg

前号に引き続き、ラジエターとオイルクーラー関係のパーツです。



下の方にあるラジエターファンネットは金属製となっています。






真ん中にある形容しがたい形のパーツは・・・

2014021102.jpg

オイルリターンタンク・・・らしいです。



このパーツ、プラスチックのくせになぜか重いと思ったら、写真左側のタンク部分が、中が空洞ではなく埋まってるせいですね。


写真ではわかりにくいですが、2立方センチメートルぐらいあります。









さて、今回も簡単な組み立て作業があります。





一瞬で終わりますが・・・。

2014021103.jpg

ラジエターファンの組み立て。

2014021104.jpg

オモテ。


ビス留めです。





そしてこのラジエターファンを・・・。



前回のアレに・・・。

2014021105.jpg

ドッキングしました。






今回の作業はこれで終了です。





使わなかったパーツは、後日使用します。



いつものパターンです。
ああややこしい。

週刊ハヤブサ33号が出ました。

さて。






一日ほど遅れましたが、33号ですよー。









今回のパーツはこんなカンジになっております。

2014020501.jpg

ネジ意外は全てプラスチックです。


・・・。




前回のパーツが巨大な金属製のパーツだったため、予算の都合でこういう事になっていると思われます。







まあ。




とはいえ。

2014020502.jpg

フィルターらしきものの網目や

2014020503.jpg

パイプの網目などは精密に再現されています。



ちなみに今回のパーツ群は、オイルクーラー関係のパーツらしいです。





そして、今回は少しだけ組み立て工程があるのですよ。







まずは、以前に組み立てたラジエターを引っ張り出してきます。

2014020504.jpg

そして今回のオイルクーラーと並べてみました。


そういえばこのラジエターはまだ写真で紹介していませんでしたね。


左が今回のオイルクーラーで、右のデカいのがラジエターです。




ちなみにこのラジエターは17号で組み立てたものですから、16週間も放置されていたわけです。




なんとも気の長い話ですな。








で。







今回の組立作業。

2014020505.jpg

二箇所をビスで止めるだけ。

終了。




今回配給されたパイプ類はまた後日使用するようです。





・・・。






しかも冊子によると、「今回はグラグラしない程度に止めておけばOK」との事。




それって別に、今週組み立てなくてもよかったのでは・・・。



・・・。
最新記事
最新コメント
プロフィール

ぺんきや

Author:ぺんきや

ぺんきや
ダークナイト
LV137




ぽぷらの海賊
インファイター
LV33




かんごし
クレリック
LV39




撃つ方の海賊
ヴァイキング
LV70




ぺんき
ソードマン
LV59




こおりま
マジシャン(雷・氷)
LV151




でんきや
アサシン
LV121

最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。